ブログ

AGA薬の副作用とは

AGA治療(男性型脱毛症)には男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインでも明記されている通り、お薬の治療が効果的とされています。AGA治療薬への効果の期待もある一方、それに伴う副作用もあることもお伝えしておきます。まずは、AGA治療薬の代表的なものとして3種類をお伝えします。

AGA薬の種類

AGA治療薬にも様々あります。AGA治療のお薬は医薬品で日本皮膚科学会からガイドラインもだされているので、正しく医師の診断の元使用してください。フィナステリドとデュタステリド内服薬の処方は自費診療となり、健康保険が使えません。また、医師の処方が必要な薬剤ですので、内服するかどうかや、効果があるのかなど、皮膚科専門医に相談することが大切です

・内服薬(飲み薬)

・外用薬(塗り薬)

フィナステリド、デュタステリド
ミノキシジル

 

推奨されているAGA薬

日本皮膚科学会から2017年に出されたガイドラインでは以下のように記載され

フィナステリド、デュタステリド、ミノキシジルの3種類が推奨されています。

Clinical Question 推奨度
フィナステリドの内服は有用か? A(男性型脱毛症)
D(女性型脱毛症)
デュタステリドの内服は有用か? A(男性型脱毛症)
D(女性型脱毛症)
ミノキシジルの外用は有用か? A

♦推奨度の分類
A.行うよう強く勧める
B.行うよう勧める
C1.行ってもよい
C2.行わないほうがよい
D.行うべきではない

引用:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン作成委員会

 

フィナステリド

【フィナステリド】

【薬効薬理】フィナステリド はテストステロンからジヒドロテストステロンへの変換を選択的に阻害する5α-還元酵素II型阻害薬です。男性型脱毛症の主な原因のジヒドロテストステロンの生成を阻害することにより、発毛作用を示します。

デュタステリド

育毛 恵比寿

【デュタステリド (製剤名:ザガーロ)】

【薬効薬理】 デュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型及び2型5α還元酵素を阻害する。

【デュタステリド内服 の推奨度】A :男性型脱毛症にはデュタステリド内服を行 うよう強く勧める D:女性型脱毛症には行うべき ではない.

AGAの詳しいメカニズムはこちらをお読みください

 

AGA薬の副作用

AGAクリニックで出されるお薬はこういったものが出されます。しかし、AGA治療のお薬には副作用があります。

【フィナステリド内服 の副作用】

過敏症 そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器 リビドー減退、勃起機能不全、射精障害、精液量減少、睾丸痛、血精液症、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等)
肝臓 肝機能障害
その他 乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい

【デュタステリド 内服 の副作用】

過敏症 蕁麻疹、アレル ギー反応、瘙痒 症、限局性浮腫、 血管浮腫 そう痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)
生殖器 性機能不全 (リビドー減 退、 勃起不全、 射精障害)
肝臓 肝機能障害、黄疸
その他 乳房障害(女性 化乳房、乳頭 痛、 乳 房 痛、 乳房不快感) 精巣痛、精巣腫 脹

このように、副作用がゼロとは言えないお薬の治療。心理的に負担になる場合もありますが100%の人にこの副作用が起こるものではありません。胃部不快感、性欲減退など6%、勃起機能不全、射精障害、精液量減少が1%未満とありますが、このように発症率も1%~6%未満の割合となっています。

PFS(ポストフィナステリド症候群)

 

PFS(ポストフィナステリド症候群)とは、フィナステリドを飲むのを止めているにもかかわらず、フィナステリドを飲んでいるときと同じような副作用症状(性機能低下や精子量減少など)が出てしまう病気のことです。

1997年、プロペシアがAGA治療薬としてアメリカ(FDA)で認可され、2005年には日本の厚生労働省も認可しました、現在では世界各国で使用されています。ところが、2012年、アメリカのジョージワシントン大学のマイケルアーウイング博士がPFSの論文を発表しました。
これを重視したFDAはプロペシア製造元メーカーに投与中止後にも副作用のような症状が続くという警告、注意コメントを添付文書に掲載するよう指示を出しました。
少し遅れて、厚生労働省もフィナステリド関係製剤の添付文書に「市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある」というコメントをつけ加えるように指示しました。

通常、薬剤による副作用の症状は投与中止後とともに消失していくことがほとんどです。
日本でもフィナステリド(商品名:プロぺシア)がAGA治療薬として初めて市場に出る前に当然、臨床試験を行いましたが、そのときはPFSを発見することができませんでした。

 

 

 

 

 

医師の診断の元、適切な量を飲み、症状が治まってきた、改善されてきた状態が確認できるように、自分の体と相談しながらお薬の治療はやって頂きたいと思います。

※最低3ヵ月飲み続けることによって効果が現れるかもしれませんが、通常6ヵ月連日飲み続ける必要があります。また、効果を持続させるためには継続的に飲み続けないと、すぐに抜け落ちてしまうのと、飲む量を増やしたからと言って、効果が増強することはありません。

薬を6ヵ月以上飲み続けてもAGA(男性型脱毛症)の進行が止まらない場合は飲むのを中止してください。

東京恵比寿の発毛育毛サロン/代官山/AGA治療/薄毛治療/抜け毛防止/予防/ヘッドスパ/ヘッドマッサージ/アロマスチーム/加齢臭除去/頭皮洗浄/デトックス

関連ブログ